吸ったら磨きたい

たばこを吸われているのなら
吸ったら磨くという習慣を身につけてみてはいかがでしょう?

もしも一日1箱から2箱を吸っている方となると、
その分歯磨きをするという計算になります。

考えるだけでもうんざりしてしまいそうですが、
でも考えようによってはタバコの本数を減らすことができる
または、禁煙できてしまう可能性もありますよね?

2本吸ったら磨こうと決心した場合、その回数は減りますが、
やはり1箱を吸っていると10回は磨かなければならなくなります。

歯磨きの重要点は「歯と歯茎を傷つけてはならない」ということで、
時間をかけて1本ずつ磨くということになるため、
ゴシゴシ磨きができません。

ヤニの汚れの付着を防ぐと考えた歯磨きなら
細かく磨いたほうが良いということになります。
特に歯と歯の間、歯の裏側。

白い歯を保つためにやってみませんか?
時間がかかり面倒ですが、
もしかしたらあなたがこれまでできなかった禁煙ができるかもしれませんよ?

入れ歯が臭くなる理由

入れ歯は人工的に作られたものですが、
色が悪くなったり、臭くなる事があります。

色が悪くなるというのは歯と同じで、
喫煙をしているということが大きな原因かもしれません。

真っ白なおもちゃだって、真っ白な壁だって
長い間室内で喫煙し続けているとヤニがついてくるものです。
また、たばこを吸わないとして真っ白なおもちゃや家庭用品だって
色が変色してくることもあります。
毎日の手入れは絶対に必要なのです。
外して洗うという習慣はとても大切です。

入れ歯は強く磨くことで白さを維持し続けるのか?
傷がつくのは自然な歯でも悪い影響があります。

入れ歯の場合だとその歯が駄目になることはありませんが、
匂いの原因となります。

匂いがついた入れ歯は臭いですし、
洗ってもその匂いは落ちません。
そのために入れ歯洗浄剤というのを使いますし、
研磨剤が入ってない歯磨き粉で磨く必要があるのです。

歯茎の病気になっている時でも入れ歯にその匂いがついてしまいます。

歯の白さを持続させる方法とは

歯医者さんでのホワイトニングでは
効果が早く出ることで知られています。

効果を早く出したいという方には歯医者さんでのオフィスホワイトニングがおすすめということですが、それは永遠のものではない・・・ということを覚えておきましょう。

結婚式などで急いでいるのならオフィスホワイトニングをするか、歯のマニキュアというのがいいかと思います。しかしマニキュアだっていつか剥がれてしまいますし、歯医者さんでのホワイトニングも普段の生活習慣の中では持続させるにはかなり気を使わねばなりません。

その点、ホームホワイトニングなら、効果が出るまでに時間はかかりますが、白さを持続させていくことが出来ます。まず最初に歯医者さんで指導を受けそれを自宅で継続していくものとなり、お薬がなくなれば追加購入をして継続をしていけばいいのです。

ホームホワイトニングの良さはホワイトニングをしていることを感じさせないということもあるでしょう。徐々に白くなっていくのですから、誰にも気付かれません。

まずは歯を大切にすることから

歯のホワイトニングでは、
健康な歯をもった方のみが行えます。

もちろん虫歯や歯周病があってはなりませんし、
何らかの原因によって歯が溶けている方もホワイトニングはできません。

今すぐにでも歯を白くしたいと思っているのなら
普段から歯に関して強い意識を持っていることが大切です。

その理由としては、「人工的に作られた歯はホワイトニングできない」
ということがあります。

ホワイトニングのために歯や歯茎の治療をし完治させても
そこに人工的に作られた歯があれば、その歯だけが浮いた感じに見えてしまうのです。
その歯だけがそのままの色ということになるのですね。

また、神経を失った失活歯の場合も同じで
そのような歯がある場合、特殊な方法でホワイトニングをしなければなりません。

失う歯が出ないようにする、虫歯などで神経を抜くような状態まで放置しない。
ホワイトニングを希望するなら、そのへんまで気を使っていなければならないのです。

着色汚れを防ぐ

歯を白くしたいという方は、
なぜ歯が黄ばんできているのか理由を考えているでしょうか?

何か不都合が生じた時、それをどうにかするということをまず考えますが、
拉致があかない時には原因を考えるようになります。

それが歯のしろさだとしたら、細胞の老化以外では
歯の着色汚れが考えられると思います。

ホワイトニングをした後なら、できれば長く保ちたいと思うでしょう。
その時は歯磨きをしっかりとするようになり、
色のついた飲み物を飲んだ後も気を使うようになります。

もしも他に着色汚れを防ぐアイテムが有るとすれば、
安全性をしっかりと確かめてそれを使ってみてはいかがでしょう?

成分などもちゃんと調べ、ホワイトニングをしてもらった歯医者さんに聞いてみるのです。

もしもホワイトニングをしてない方なら、
一度徹底的にクリーニングをしてもらい、着色汚れを防ぐアイテムを使ってみるのです。
クリーニングをするだけでも、ヤニの汚れは徐々にとれていきます。
残念なことに一回では落ちないようです。

天然成分が良い?

歯が白くなるとい歯磨き粉の中には
天然成分で作られたものもあるようです。

多くは化学成分が入ったものが多いなか、
磨いたあとは吐き出すとはいえ、舌下吸収を考えたり、
多少なり口の中に影響があるのではとかんがえる方もいますので
天然成分や素材は安心感があります。

でも天然成分や素材の中には、作用する力が強いものもあるため
全てのそれらが安心とは限らないそうです。

歯磨き粉の話ではありませんが、
例えばハーブや薬草ではその症状にはよくても、
別の症状のある方には作用が強すぎて用いられないということもあります。
ローズマリーが高血圧の方には良くないというものが例えとなるでしょう。

顔を洗う洗浄剤でも化学成分が入ったものを勧めている専門家もいるほどです。

歯磨き粉でもフッ素配合はあまりオススメしない歯医者さんもいますし、
それをオススメしている歯医者さんもいらっしゃいます。

フッ素の場合普段の食事から充分に補えるため、
必ずしもコーティング剤として使用しなくても良いとも言われています。

回り道でお金を使わないようにしたい

「白い歯に」

なんて書かれてあると気になってしまい、
1本数千円という歯磨き粉にも手を伸ばしてしまいがちです。

でも多くの方は、そのようなものを使っても効果を感じていない
というのが事実かもしれません。

もしもそれで劇的に白くなるとしたら、危険なものが入っているのでは?
とかんがえるのが一般的ですし、
歯に異変をきたすものだと安くても手を出すことすら躊躇します。

様々なものに手を出した金額
覚えていますか?

詳細を把握してないとしても、それらに万単位のお金を使ってきた
というのなら、歯医者さんでホワイトニングをしたほうが良いと思います。
それが無駄にはならないからです。

いくら商品を変えても効果がなかったとすれば
最初から数万円かけて歯医者さんでやってもらったほうがいいですよね?
効果はあるのですから。

その上で、これまで買ってみた商品をプラスしてホワイトニングを持続させる。
というふうにお金を使ったほうが良いと思うのです。

なかなか白くなっていきません・・・

つい先日、歯が徐々に白くなっていくという歯磨き粉を買いました。
実にたくさんの種類があるのですね。
その中からお試しとして小さめのものをチョイスしたのですが、
数週間磨いてますが実感できないというのが本音でしょうか?

ネット販売されているものの中には
継続購入できるものがあります。
それも興味が有るのですが、ひと月辺り数千円、
5千円以上もしますのでなかなか手を出すことができません。
継続購入でその価格ということですし、
効果の程はわかりませんから。

歯を白くしたい。

そう思っている日本人が増えていますが、
本当に白くさせてくれるのはやはり歯医者さんでのホワイトニングではないかと感じています。

象牙質の色、その方が持っているメラニン色素などによって
完璧な白さを出すことができない場合もあるようですが
目に見える効果は確かにあるそうです。

完璧な白さを実現できる方法もありますが、
それにはリスクが伴います。
歯を削ってかぶせるという手法ですから。

薬のせいで黄ばんでる歯

子供の頃からの投薬治療などで歯が黄ばんでしまうこともあるようです。または妊娠中にお母さんが服用してた薬によって生まれつき歯が黄ばんでいる子もいるようです。現在はかなり少なくなっているようですが、薬の薬害で黄ばむこともあるということです。

そのような歯にホワイトニングをしたらどうなるのでしょう?気になるところですよね。

生まれつきだとしたら象牙質自体がその色となっているため、一般的なホワイトニングでの効果はあまり得られません。薬害という場合にも完璧に白くというのも難しいと言われています。じゃあ、そのような方はホワイトニングできないのかというと、セラミックを歯にかぶせることで真っ白な歯を実現させることができます。

ただこの方法だと剥がれたり欠ける可能性もありますし、歯の表面を削ってセラミックをかぶせますのでリスクは伴うということとなります。すべての方が剥がれたということではありませんので、もしもセラミックを被せる方法でと思っているなら歯科医院で相談をしましょう。

ホワイトニングを勧めない医師もいる

若い方へのホワイトニングなら、
それほど黄ばんでないと判断され、
ホワイトニングを勧めないお医者様もいるようです。

また、喫煙者ではあっても歯をとても大切にされており
若干黄ばみ(細胞の老化によるもの)があっても
光沢がありキレイだと感じる方へも、自然のままで十分ですよ。
あなたには不自然な白さよりも、今のままが絶対にいいですから。
と言われることもあるそうです。
これは実際の話しです。

度重なるホワイトニングはあまりおすすめではないかもしれません。
歯の表面を傷つけるリスクも少なからずあるからです。

結婚式のためというのなら、
時間のかからない歯のマニキュアを歯科医院でやってもらうとよいでしょう。

ホワイトニングを強く希望するならお医者様が勧めなくてもやってみてもいいでしょう。
でもリスクのことは必ず聞いてください。
あなたの歯の管理方法と定期的なクリーニングで
ホワイトニングを簡単に諦めることだってできるのですから。

©   2016, 白い歯を守るための耳より情報mts Gossip Rag by mts WebDesign|| Top